​かいちまさこのメッセージ

わたしが住みたい家をつくる。
それは、ひとつぶの種をまくということ。
いつか芽が出て、葉が茂り、花咲く日を夢見て、
心に浮かぶ風景を描き、あふれる言葉をつむぎました。

文・画/かいちまさこ

わたしたちの星 地球には

たくさんの国と たくさんのまちと

そこに住む たくさんの人のための家があります

 

それぞれの国に建つ家は

それぞれの国の気候風土や

それぞれの国の暮らしに合っているべきです

 

なぜなら

どんなふうに風が吹き

どんな湿度で どんな温かさなのか

国によって違うから

 

家からまちへ

まちから国へ 

そして地球へ

想いを広げるその始まりに

 

『家』について考えてみましょう