間口7.3mで奥行き約22m、風致地区でしかも崖地。

制約の多い土地で大人5人と子ども2人がゆったり暮らせるように、かいちまさこさんが精一杯工夫を凝らしたお家です。

芦屋川畔の緑を望む大開口からは、せせらぎの音や小鳥の声が聞こえる
珪藻土の壁にバーチ無垢材の床、壁一面の造作本棚など、Oh!の魅力が満載
大人数の料理に対応した大きなキッチンを導入。背面に大容量パントリーを配置
細長い敷地でも、トップライトからの光で玄関ホールは明るく晴れやか
二世帯が集う1階リビング、子世帯の2階セカンドリビング、ロフトの3層構成
セカンドリビングの箱階段はまるで遊具のよう。雨の日も子育てに困らないそう
吹抜けに面したミシン&パソコンコーナーは、将来お子様のスタディルームに
ロフトは3分割して収納スペースや書斎コーナーに。机と収納棚は大工の手仕事
長方形の家もOh!流デザインに。長辺いっぱいにロフトが設けられている

長細い敷地でも二世帯7人が快適に

芦屋市Kさん邸

「天井の三角形を使ってロフトにしましょう」。

かいちまさこさんの言葉に、胸がときめいたとおっしゃるKさんご一家。

土地の厳しい条件を全く感じさせないほどLDKはゆったりとして、大開口の向こうに見える緑の美しいこと!

夏にはここから蛍を鑑賞できるなんて、これ以上の環境があるでしょうか。

毎日ご家族で薪割りをしてストーブに火を点し、ローストや煮込み料理に活用されているというKさん。

「家族が自然に集まる心地よいLDKにしたいという思いが叶いました」と、全員が本当に嬉しそうなご様子です。

「二世帯が仲良く、気兼ねなく暮らせるように」。

まさこさんが考えたのは、空間を立体活用し、縦に広がりを生み出すプラン。

集いのためのリビングを広く取り、子世帯のためのセカンドリビング、ロフトを含めた3層を緩やかにつなぎながら、それぞれのプライバシーも大切に守る。

三世代の暮らしの中で、子どもたちがたくさんのことを学んでいけるという、理想のライフスタイルに感動するやら驚くやら。

これはきっとOh!にしかできない家づくりです

縦の広がりを生み、家族をつなぐ絶妙のデザイン

兵庫県芦屋市川西町4-4 さくら通り  TEL 0797-35-1530 
Copyright Oh! CO.,LTD All rights reserved
自然素材の家
珪藻土 木造住宅
アメブロ2019.png